No.22

まるで実験器具。
アメリカ生まれのハンドメイド。
木と真鍮のコーヒースタンド。

THE COFFEE REGISTRY - The Professor Pour Over Stand
(コーヒーレジストリー プロフェッサー ポー オーバースタンド)

SNSシェア : トータル「 0 」シェアされています!

  Views : トータル「 596 」回、閲覧されています!

  • 出典元:FREE PARK(楽天市場店)

    ウォールナットと真鍮の組み合わせ。
    THE COFFEE REGISTRY - The Professor Pour Over Stand
    まるで実験器具のようなドリッパースタンドの紹介です。

  • 出典元:FREE PARK(楽天市場店)

    ハリオV60ガラスドリッパー(別売り)を、
    装着して使用します。

  • 出典元:FREE PARK(楽天市場店)

    本当に理科室にある、実験器具のような佇まい。
    でも本格派なドリッパースタンドです。

  • 出典元:FREE PARK(楽天市場店)

    真鍮の醸す、独特な素材感。
    本国アメリカにて、手作業で組み立てられています。

  • 出典元:FREE PARK(楽天市場店)

    金属の無骨な感じが男性らしいですが、
    マニッシュな雰囲気が好きな、
    女性にもオススメのアイテムです。

  • 出典元:vimeo(The Coffee Registry)

    おそらく公式のものでしょうか?
    vimeoにプロモーションのような映像もあったので、あわせてご紹介。
    使った時の雰囲気や、商品の大きさが参考になるかと思います。

次のショップで、
さらに詳しく紹介されています

スポンサードリンク

アメリカはコロラド州フォートコリンズにある、
コーヒーにまつわるプロダクトを製造している「THE COFFEE REGISTRY(ザ コーヒーレジストリー)」。

その THE COFFEE REGISTRY の看板商品とも言えるものが、
真鍮とウォールナットで作られた、美しいドリップスタンドシリーズ、
Pour Over Stands(ポー オーバースタンド)です。

今回は、そんな Pour Over Standsシリーズより、
「The Professor Pour Over Stand(プロフェッサー ポー オーバースタンド)」を紹介します。

素材感に味のある、この実験器具のようなドリップスタンドは、
本国アメリカにて、ひとつひとつ手作業で組み立てられています。

アームは本物の真鍮製、木製の部分はウォールナットに、
口に入れても大丈夫なほど安全な、クリアコーティングで仕上げられており、
汚れに対しても強い効果を発揮するそうです。

アーム先端のリングには、別売りにはなりますが、
日本製の定番ガラスドリッパー「ハリオV60」がピッタリとフィット。

その美しい様相が完成されます。

コーヒーをドリップして淹れる時間というのは、
そのひとりひとりに取って、様々な意味を持つ時間です。

眠気を覚ます人。
気持ちをリフレッシュしたい人。
ゆっくりと考える時間が欲しい人。

そんな特別な時間を、
カカオ香る素敵な時間にしてみてはいかがでしょうか。

コーヒーが好きな人には、きっとたまらない嗜好品です。

この商品のカテゴリ