No.21

食卓和風動物園。
kata kata × 倉敷意匠。
切り抜き印判手のお皿。

kata kata(カタカタ)× 倉敷意匠 切り抜き印判手のお皿

SNSシェア : トータル「 0 」シェアされています!

  Views : トータル「 118 」回、閲覧されています!

次のショップで、
さらに詳しく紹介されています

スポンサードリンク

岡山県倉敷市を拠点に活動する雑貨ブランド「倉敷意匠」、
日本の伝統技法も使用したオリジナルの染物をデザインするユニット「kata kata」、
そんな両者のコラボレーションで生まれた、ユニークな動物達の印判手皿の紹介です。

特長はこの動物達の何とも言えない表情。
良い意味で締まりきらない、どこか力の抜けた表情が愛着を湧き立たせます。笑

また「銅板転写」と呼ばれる技法が使用され、ひとつひとつが手作業で作られているんです。
銅板転写もなかなか歴史のある手法のようです(下記リンク先なかほどに詳しい手法が見られます)。

http://tasman-inter.net/?mode=f1

それにより、若干の個体差が生じ独特の「にじみ・かすれ」が生まれるも、
愛着が湧くひとつの理由になるのではないでしょうか。

特長的でかわいいデザインのため、
お料理だけでなく、小物を置くインテリアとしても大活躍の予感です。

古さを感じないデザインながらも、懐かしさも感じる磁器で出来た動物達の小皿。
アンティークな和室にも、和風モダンにも、違和感なく楽しく溶け込んでくれそうです。

各動物達でサイズや色も多様に展開されています。
詳細は是非ショップからご覧ください。

テーブルやデスクの上を彩る「kata kata × 倉敷意匠の切り抜き印判手のお皿」。
自室のアクセントにしてみると面白いかもしれません。

この商品のカテゴリ